スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
小さな手。
2009 / 12 / 29 ( Tue )

自分が今置かれてる環境を凄くラッキーって
思う人は何人居るんだろう。

わたしは・・・ラッキーって思う。
わたしは・・・幸せだって思う。
わたしは・・・愛に溢れてるって思う。


だって、食べる物があり、気にかけてくれる家族・友達がいて
安心して眠れる布団があるから。


でも、それを当然の事って思ってませんか?



小さな手の人は普通の人が当然って思う事を全て
持っていません。



食べれる物は美味しい、美味しく無いは別として
お腹を満たすだけの物。


寝る布団はあっても、安心して寝れたのはいつだったろう?


愛に満ち溢れていたら、そんな状況には居ないでしょう。



そんな子供たちがたくさん、たくさん居るんです。


もう使わなくなって物置で眠ってたぬいぐるみ。
嬉しそうに、抱きしめたその小さな手。



わたしは、自分がどんなに自分の環境に感謝していないか
その小さな手を見て痛感した。



ちょっとの事で不平不満を言うのは贅沢病。
不平不満言える余裕があるのだから。。。。



感謝しましょう。
今自分が安心して寝る場所があり、美味しい物を食べれる事を。
そして、誰かに気にかけてもらえてる事を。。。




02 : 43 : 24 | ひとりごとエッセイ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<『逢いたい』 | ホーム | 心の蓋>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://nantonakuessay.blog9.fc2.com/tb.php/165-9d77fe63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。