スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
心の蓋
2009 / 06 / 20 ( Sat )
気がつけば、今年ももう初夏を迎えてますね?
早い・・・あまりにも早く時間が過ぎ去ってる気がします。


でもね?そう言いながらもお母さんが亡くなってからもう
お母さんと何十年も会ってない気がしていてその時間のギャップ
にとまどいを感じるんですねぇ・・・


頭の中では、亡くなっても、あっちの世界に行っても、
繋がってる。お母さんはその光の世界にいる。離れてなんてない。

そう思いながらも心の中では、人が死ぬってこういう事。
その人にはもう、二度と会えないんだ。なんて思ってたりします。



先月、無事に3回忌も終え、お母さんの姿が無い事に少しずつ
慣れてきたかな・・・・それでも、街でお母さんの後ろ姿に似た人や
四季折々の風景を見るとそこにお母さんの姿が無い事実を受け入れたく
ない自分が居る事に気づくんですね。


時間を戻せたら、ね?何か別の方法でお母さんは生きれたんじゃないだろうか?
なんていけない事を考えたり。そんな事を考えて何になるだろうって。



お母さんはもう戻って来ない。


死ぬって事はそういう事ですよね。



悲しくなった時はこの曲に励まされます。





いや。。。もしかしたら悲しくない時なんか無いかもしれない・・・・
ただただ、自分の心に蓋をして毎日前を向いてます。




悲しんでばかりじゃ、お母さんは心配するから。
生きてる時にずっと海外に居た私はお母さんにたくさん心配を
かけたはずだから、もう心配なんかかけない様に、前を向いてます。




でも・・・時に心の蓋を開けたい時もあるんですよね。
一人で、蓋を開けて閉じ込めてた悲しみやその感情を一度
外に出してあげたい時があるんですよね。


そうして・・・又蓋をして、前を向いて歩いていけるんです。






キミを残す事それが辛かった・・・

前を歩いて欲しい

永遠の愛はきっとある、忘れないで一人じゃない

離れ離れでもキミのその胸にボクはまだ生きている







お母さんからのメッセージの様に聞こえるんですね。
だから、心の蓋をして、又前を歩きます。。。
スポンサーサイト
10 : 16 : 03 | ひとりごとエッセイ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。