スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
今の私に出来る事・・・
2007 / 07 / 23 ( Mon )
今日、長崎へ戻った。
自分が将来どこに住むか分からないので携帯用の位牌を作り
お母さんの遺影と共に飛行機に乗った。

お母さんの位牌を胸に抱きながら


「お母さん、又長崎に一緒に行くよ!」


と心の中で語りかけた後、3月初めに一緒に長崎に飛んだあの
日の事を鮮明に思い出した。


人の命は儚い。


確かに4ヶ月前はお母さんがこの世に存在し、一緒に旅行を
楽しんだ。その時、次乗る飛行機は位牌になるとは誰が想像しただろう・・・?


もう・・お母さんがあのお母さんの姿としてこの世に
    存在しない事。

    お母さんの手料理が食べられない事

    お母さんと一緒にお風呂に入れない事

    お母さんに甘えられない事

    お母さんに叱られない事

    「お母さん!」って呼んでも返事が無い事


すべて、すべてを受け入れよう。
そう何度も自分にいい聞かせた。

でもお母さんの全てが消えて無くなった訳じゃない。
お母さんの言葉が、お母さんの教えが、お母さんの愛が
ここにも、あそこにもある。

そう自分に言い聞かせてお母さんの死を受け入れようとした。


お母さんは自分の欲を持たず、いつも誰かの為に生きてきた。
それが彼女の喜びでもあった。


親戚や姪っ子で困った人や大変な人が我が家に遊びにくれば
そっとストックしてあった生活必需品を持たせ

どんなに自分の好物があっても、お父さんや子供たちにそれを
くばり自分はあまった物で満足したお母さん。


お母さんは私にこう言って聞かせた事もある。

「自分が本当に困ってる時に手を差し伸べてくれる人が居たら
どんだけ嬉しいか!」

それは、彼女が東京に出て来て苦労した時代に、誰も手を差し伸べて
くれる人が居なかった証。

彼女はそんな自分の体験から自分が出来る時は人によくしようと
ずっと生きてきた。

自分が出来る時・・・
もしかして自分が出来ない時ですら頑張って家族の為・人の為
に動いていたのかもしれない。

そんなお母さんの思い出を少しずつお父さんが語り始める。

「お母さんと出会った時、それはお互いお金が無くって大変だった。
でも、お母さんに着物をプレゼントしたんだよ。
お母さん、それは喜んでな?凄く嬉しそうだったよ」


お父さんからの最初のプレゼントのその着物は50年経った今でも
タンスの中にしまってあった。


そして、その着物を着て微笑むお母さんの写真を見た時、
涙がとめどなく流れた・・・。








20070722235037.jpg




それは、お母さんが亡くなった事への涙ではなく
お母さんとこうして50年もの月日をよりそって生きたお父さんが
今でも鮮明なその時の記憶が表すお母さんへの愛情の証。

それを心で感じたから。
そして、お母さんのその笑顔は、本当にお父さんと一緒に居て
幸せなんだという笑顔だから。

お父さんは・・
嬉しそうに思い出話を続ける。


お母さんが嬉しい時の思い出話だけを続ける。
そして・・・最後には言葉をつまらせる。


お父さんのそんな姿を見ると胸が締め付けられる。
私には慰めの言葉など何もないから。
あるなら私もそれを聞きたい。

どんな言葉を言っても、どんな言葉を聞いても変わらない事は
ただひとつ。お母さんはもうこの世には存在しない。

私はそれを受け入れる。
受け入れなければならない。


でも・・・私は自分に嘘をついているかもしれない。



本当はそんな現実から逃げ出したい。
本当はそんな事実を受け入れたくない。
お母さんはまだ東京で元気に暮らしていると思いたい。。



愛する人が自分の前からその姿を消した時、私たちはそれを
理解しようと必死だけど、結局時間がたたなければそれは理解出来ない。


どんな解釈もどんなポジティブ思考も、何ひとつ機能しない。
その場その場で自分の気持ちを安らぐ為の術でしかないのだから。


時間が経ち

少しずつ分かってくる。
少しずつ感じてくる。
少しずつ見えてくる。

お母さんがこの世に居ない事。

それまで、私は自分を騙し騙し、前に進むしかない。

いつか・・・又心から笑える日まで。
これが、今の私に出来る事。。。

スポンサーサイト
00 : 19 : 48 | ひとりごとエッセイ | トラックバック(1) | コメント(10) | page top↑
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。