スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
What's going on !? 【どうなってるの!?】
2007 / 04 / 18 ( Wed )
アメリカはバージニア州の大学で乱射事件があり、被害者の数は32人にもなり
米史上最悪の銃撃事件となった。

このニュースを見た時、一体【ガン・コントロール(銃器取締り)】
はどうしちゃったの?ってつくづく思った。

アメリカで拳銃を購入するのは本当に簡単だし、ネットでさえ買おう
と思えば買えちゃうご時世。


拳銃愛好家は

【銃は馬鹿なやつの手に渡れば危険だけど、そうじゃなければ安全だ】

って言う人が多いけど、私はそう思えない。

人の感情なんていつも一定である訳がなく、絶対に人を殺める事の
出来そうの無い人が、怒りの感情で一杯になった時側に銃が置いてあったら
それを使わないという保障はどこにも無い、理性を失った人間はそれを手に
してしまう可能性が多いにあると私は思う。

そこに銃器の怖さがある。
銃があった為に人を殺せてしまう。


それ言ったら、ナイフだって人を傷つける物は日常ゴロゴロしてるんでは?
って言われそうだけど、銃は瞬時に人の命を奪ってしまう凶器となる。

もちろん、ハンティングやシューティングの趣味を持ち銃を凶器として
使わない人もたくさんいるだろう、でも凶器にもなる!という事を
もっとたくさんの人が認識しなければいけないと思う。

アメリカでの銃取締りに関して積極的に活動していた団体がだいぶ前
にあり、私はとても共感するものがあり署名した事がある。

何故なら私の親友はやっぱりアメリカでこの拳銃の犠牲となって亡くなったから。

もしかして、それがナイフだったら彼女は助かってたのかもしれない。
もしかして、それが交通事故だったら助かる可能性もあったかもしれない。

でも拳銃で頭を撃ちぬかれた人に可能性など無いのだよ・・・


その数年後に日本の留学生が、ハロウィーンで「フリーズ」と言う
言葉を聞き取れずに撃たれて亡くなった事件があった。
その時も私は銃器取締りにもっと力を入れて欲しいと思った。


誰もが自分を守る為に銃を持つ社会アメリカでそれを取り締まるのは
大変難しい事だと思う、でもこうした事件が頻繁に起こっているのに
それでも拳銃を持ちたいと思うのだろうか。

いや、逆にこんな事件が起こってるからこそ、拳銃は必要なんだ!
という人も出てくると思う。

でも、そんな風に誰もが銃を身にまとう社会がアメリカの姿なのか?
と私は疑問に思う。アメリカは自由の国!その自由とは何でもありの
自由ではなくって、人の権利が尊重されて、色々なチャンスがあり
どんな事にもチャレンジ出来る!そんなフリードムではなかったのか?

少なくとも私が好きだったアメリカはそうだった。


学校という一番安全でなければならない場所でこうした事件が起こり
昨日までの普通の生活から一変し地獄を見なければならない犠牲者の家族・友人の
気持ちを思うと何の言葉も出ない。


学校側や警察の判断がもうちょっと違ってたら犠牲者を減らせたのかも
しれないとニュースで言ってたけど、犠牲者を減らすんじゃなくって
銃を減らしてこんな事件、最初っから起こさない事を目指すのが本当
じゃないだろうか?

ニュースで報道していた銃声を聞きながら私は強くそう思った。


スポンサーサイト
12 : 06 : 38 | ひとりごとエッセイ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
Not to become but to feel !
2007 / 04 / 11 ( Wed )
最近の私またヨガに夢中。

以前ハワイでヨガクラスに通ってはいたけど、その時はなんとなく
気持ちいいから~体のストレッチに~ってな感じで通っていただけ。

で、日本に来てすぐに行ったクラスが「ハタヨガ」のクラス。
一つのポーズをじっくりとスローに進めていくんだけど、私このクラス
がめちゃくちゃ好きかもしれない。
クラスが終わった後の爽快感は今までのヨガでは感じなかった事。

ハタヨガって


「ハ=ha」は【太陽】【吸う息】をあらわす。
「タ=tha」は【月】【吐く息】をあらわす。


と言う事で【ハタ】は太陽と月、陽と陰が一つに結ばれた状態を表している。

このセオリーからしてとっても興味深くない?


いつも私自身が感じていた事。

:::物事何にでも両極端な物がある:::


例えば
光と影 白と黒 昼と夜 男と女 夢と現実 そして、心と身体


ハタヨガはこの対立した物を結びつけると言う意味があるらしい。


 
◆両極端にある物が対立している場合

 闘争的で破壊的なエネルギーが渦巻く

◆両極端にある物が互いを認め調和し一つに統合しようとした場合

否定的でネガティブで破壊的なパワーが肯定的で
創造的なエネルギーに転換され新しいものが生みだされる



なるほど!って思っちゃった。

男女関係もそう、お互いの違いを認め相手を受け入れると二人の
パワーが増すけど、お互い対立し合えば何もいいエネルギーなんて
生まれるはず無いものね?

他にもハタヨガでの【太陽】と【月】は次の様な意味があるらしいの。

ha=太陽=ソウル(普遍的な魂)
tha=月=マインド(流動的な意識)


私達の魂は太陽の様にいつも光輝いていて必ずそこにあり、
決して欠ける事は無いけれど、マインドは月が太陽の光をたくさん
浴びるている時は満ち輝き光を失うと欠けて行くのと一緒で
流動的みたい。

そして、ハタヨガをする事で魂とマインドが一つになり、強いエネルギー
になり私達の中の太陽と月が私達を輝かすと言う事らしいのね。
ヨガって本当に奥が深い!ってここに来て改めて思った。

多分、自分の中の月は太陽と上手に統一出来てない時も多々あった
んでは無いかな?って思う。

ハタヨガをしながら少しずつ自分の中の太陽と月(ソウル&マインド)を統一
させて、いつも輝いてる自分で居れたらいいなぁ~って思う。

最近はこうしてヨガを通して自分と向き合う時間が出来たからか?
全てに満ち足りてる気がする。

幸せになろう!とは思わずに幸せを感じよう!って思う自分が居る。

うん、幸せってなるものではなくって感じる事なんじゃないかな?
って最近思う様になったよ。


幸せになりたいって思うと


何かに幸せにして貰いたい
誰かに幸せにしても貰いたい


ってマインドが働いたりするでしょ?
感じる幸せは本当は目の前にあるのに、幸せになりたい~
なりたい!って焦りながら慌しく毎日を猛烈に過ごし物に、人に
そして何かのステイタスに頼って幸せになろう!と思っていたら
幸せを感じる事って難しいかもしれないね。


私は自分が今日も健康で一日を終えた事に幸せを感じるよ。
そして、生きる事の基本だけど、安らかに寝る場所があり、お腹が
空いたら食べれる物がある事に幸せを感じる。


もちろん、出かけたり、買い物したり、美味しい物を食べても幸せ
を感じるけど、それが無くなったら、じゃ?私って不幸せなの?
それだけしか私には無いの?って考えた。

でもね、それだけしか見ない人だけがそれだけしか無い!
と思ってしまうんだよね。


結局幸せなんて人それぞれだけど、感じる幸せはその時だけの幸せ
では無いって事、その幸せはずっと私の目の前にあって多分死ぬまで
あるはずなの。

きっと、誰もがその幸せを感じられるはず。


日々の嫌な事、ストレス、それは通り過ぎて行く物であって
ずっとそこには無いと思えば上手くそれを交わす事が出来るし

色々な問題を抱えた人も、それ以上の問題を抱えながらも幸せを
感じながら生きてる人が居ると思えばきっと自分にも出来ると思えるでしょ?


結局は自分のマインドなのよね。

マインド一つで自分の中で凄いエネルギーが沸く時がある。
きっとそれはマインドと魂が統一した時(ハタの状態)なのかな?

ハタヨガ、まだまだ始まったばかりだけど、私にはとても合っていると思う。
もっともっと自分のエネルギーで輝ければいいな。

幸せを感じながらね。

23 : 15 : 37 | ひとりごとエッセイ | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。