スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
VALUE OF WOMEN 【女性の価値とは?】
2006 / 12 / 13 ( Wed )
先日、夫の同僚の奥様が無事可愛い女の子の赤ちゃんを出産し
私達も病院へ駆けつけてお祝いしました。

生まれたばかりの赤ちゃんは、それはそれは小さかった~
この子が今まで彼女のお腹に居たんだね?って思ったらやっぱり
女性の体の神秘を感じずにはいられませんでした。

女性と生まれたからには、一度はやっぱり出産を経験してみるのも
大切かな?と年々思う様になりました。


それまで、私は自分で好きな様に生活してきて、子供をそれほど
欲しいと思った事もなく、

子供を作らなくても満たされた生活は出来るから!


と本当に思ってました。

いや、むしろ逆に『子供がいるから何も出来ない!』とか
『子供にお金が掛かり過ぎる!』と不平不満一杯の女性を見ると

「でも、産もうと決めたのは貴方でしょ?誰も貴方に「子供を産め」
って指令した訳でもないし」

なんてかなりシビアな目で見た事もありました。

産みたいから産んだけど、結局その後色々な事に対処できず
いつも不平不満だらけの生活をしていた女性を何回か見て、
全然魅力を感じなかったのを覚えています。

もちろん、子育て、いい時も悪い時もあるけど、それはそれで
楽しみ充実した生活を送っていた女性もたくさん見ました。
そんな彼女達を見れば「子供の居る生活も悪くないなぁ~」って
素直に思えました。

ただ、私は自分が若い時に色々とやりたい事をして、少し落ち着いたら
子供だけの為に自分の時間を捧げたい!って計画があったので
忠実のその計画に従って生活しただけでした。


そして、実際に欲しい!と思い始めた時すでに私の体は色々な所が
弱っていて、残念ながら子供を産まずに今この年となりました。


【私の今の体の状態で妊娠するのは無理】

と言う捺印を押された時、その現実を受け入れるのに少々時間は
かかりましたが諦める事の大切さも学びました。


でも人間の不思議。


それ以来、子供が欲しいな~と思う気持ちが募っていったんです。
そう、ダメ!って言われると欲しくなる人間の心理でしょうか?


そして私の20代で欲しかった物リストには無かった事が
30代に加わり、また40代になって変わって行きました。

それは、きっと年と共に変わって行った自分の価値観と比例
している気がします。


私は自分が選んだ道に全くの後悔はありません。
ただ、時期が重ならなかったが為に出産経験をする事は出来ません
でしたが、でもだから私は普通の女性よりもLESS(劣ってる)とは
全然思いません。


たまに「女性は子供を産まなきゃ本当の女性じゃない」と言う人
が居ますが、それは子供を宿す事が出来ない女性の気持ちを考える
事の出来ない人の発言で、まさにその人こそ女性らしさが欠けてる
と私は思うのですよ。

何を基準に女性はこうであるべき!って決めるんでしょう?
子供を生むのが当たり前と思う人にはその当たり前が実は当たり前の
事じゃないんだって事をもう一度認識して欲しいです。


不妊症に悩みながら妊娠しようと努力しているカップルが毎月
生理日がやって来る度に二人肩を並べて泣き崩れる姿を想像出来ますか?

もしも、そんな姿を想像出来るならば、そんな言葉は絶対に出ないはずですよね。


私は逆に諦めなきゃならなかったので何を言われた所で「でも、もう
ダメだからね」で終わってしまいますが、こうして不妊症治療などを
受けてる方にはちょっとした言葉も時として凶器となって心に突き刺さる
んではないかな?と思います。


母親になると言う事の大切さ、私は自分では経験出来ませんが
自分の母親を見ながら母親って凄いなと感動できます。

私の友達が立派に子育てを終えて、あんなに小さかった子達が
こんなに大きくなったんだね?と母親疑似体験をする事も出来ます。

私の仲良くしている友達が妊娠をして、会う度に彼女の顔が母親
になっていってる姿を見て、私は彼女から妊娠の喜びを貰ってます。


だから、私が子供を宿す事が出来ないと知ったとしてもどうか
「可哀想」とは思わないで欲しいのですよね。

人の幸せ、女の価値なんて 結局はその人次第で変わっていくのですから。

女性の価値を【出産し子育てをしている主婦】
【限りなく自分の持つ能力を発揮して活躍しているキャリア志向の女性】
【シングルでいつの日か素敵な恋をして結婚したいと夢描いてる全ての女性】
全部ごっちゃにして決めるという事自体めちゃくちゃじゃないですか?

いいんです。それぞれが、それぞれのフィールド(持ち場)があり、
そこで活躍してその中で自分の価値観を見出せば。。。

何が一番素晴らしいって・・・
自分の持ち場でどれだけの力を日々出して生活しているかって事ですよね?





スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:心と身体

07 : 53 : 54 | ひとりごとエッセイ | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。