スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
お彼岸
2006 / 03 / 22 ( Wed )
ハワイ日付で今日21日はお彼岸だったのですよね??
友達から聞くまですっかり忘れていました。

そうか・・・もう桜のシーズンでもあるんだ。


今朝、懐かしい様な悲しい様な気分で目が覚めました。


夢に若くして死んでしまった親友が出てきたのです。

後に今日お彼岸だと聞いてなんだか納得したり。


夢の中の彼女は私が知ってる彼女。二人の楽しい時間が
そのまま再現されていました。
二人でどこかへ探検しに行く準備か何かでね?(笑
ええ・・・若い頃から探検好きだったので。

私が何か企画を練って彼女は忠実にそれに従って遊んでくれたの。

楽しかったなぁ・・・。

彼女が原付のバイクで遠出しよう!って言うので、私はママチャリ
で貴方にひっぱってもらってどこまで行けるか挑戦したい!
って事になってね?(爆)
深夜おにぎりやら何やら作って出かけました。

でも深夜、一応女の子二人だし、何かあったら危ないね?って手にした
のがスクリュードライバー・・・・

それでどうやって身を守ろうとしたのかはさっぱり分かりませんが?
私がそれをポケットにしのばせ、彼女に何かあっても私が立ち向かう設定
でした!

そう、以前から彼女が何かトラブルに巻き込まれたらすっとんで行って
援護射撃をしたのでね?

そんな彼女と私のままの夢でした。

起きたら、とってもとっても懐かしくって。
でも。。。彼女はやっぱり居ないんだなって思ったら悲しくって。


彼女は今頃、どこでどうしているんだろうなって思うのね。


亡くなってもう16年目なる。
彼女の魂はどこをどうさまよっているんだろうなぁ・・・。


夢の中の彼女はいつも微笑んでるんだけどね?

そんな事を考えながら仕事へ行きました。
今日はお彼岸なんだよねぇ・・・・って。

スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:心と身体

17 : 44 : 49 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
being natural or spoiled ?
2006 / 03 / 07 ( Tue )
私の仕事は情報収集をするマーケティング関係の仕事。
なのでお客さんに書類を手渡すのも仕事の一つ。

今日、仕事場で子供連れのお客さんが居て、その方に書類を渡すと
彼女は子供とふざけながら子供にその書類を渡した。

子供・・・小学校高学年位の男の子。

私は、その書類はもちろん大人対象の書類なのですぐ母親が又手に
するかと思い気や?子供にペンを渡した。
だからそこで「あの・・・この書類はお客様に記入して頂きたいのですが?」
と言うと彼女は笑いながら
「あぁ~うちの子供、字を書くのが好きなのでね?自由にさせてあげて下さい~」と言う。

そんな事を知っているのなら他に落書き出来る用紙を私は用意した。
私達の書類なんていくらでもあるからいいと思っているんだろう。
そして子供は落書きを始めた。
その落書きを見た私の眼に飛び込んで来たのはどれも小学生が書いたとは
思えない様な汚い言葉や卑猥な言葉。

母親はそれを横目に笑いながら

「我が家では子供の教育は自由にがモットーなのよ。
子供は自然に育てるのが一番!どうせ新しい書類頂けるんでしょう?」

と言った。


耳を疑った。
あの落書きを見て何も思わない母親に。

そして、大人同士のやり取りなのにも関わらず子供にペンを渡し真剣に
仕事をしている私達の時間なとまるで無の様な態度で接した彼女の
姿を子供はもちろん見てない様でしっかり見ている。

そして子供はこういう事をしてもいいんだと思いこんで成長していく。

そんな現実を目の前にして、私は本当に言葉を失った。


自由ってこういう事?
自然に育てるってコレでいいの?って心の中でつぶやきながらも
お客さんなので、すぐに又新しい書類を用意したけど・・・・。

私は思う。

自由とはなんでもさせていい事じゃないし、自然に育てるって
どんな事もさせていい事じゃないと。

自由な事も自然でいられる事もちゃんとした躾が出来てこそ成り立つ
ものなんじゃないかなと・・・。


親が躾る事が出来ず誰が躾けるんだろう。
そして何か問題を起こせば学校のせいにする親は自分の姿をもう一度
鏡で見るべきだと思う。

子供にとって見本になるべき人はやはり親なのだから。

少なくとも、私は子供の頃からそう教えられた。

「お前が悪い事をしたら、笑われるのはお父さん達なんだから」

子供心に、親は世間体しか気にしてないんだ、と思った時もある。
がそれは世間体では無く親が教えられなかった事を笑われるという意味
だったんだと大人になって気づいた。


子供の居ない私が子育て論をここで語ったとして説得力は無いかもしれない。
でも親から教えられた事は私の中に根付いてる。

子供達をちゃんと導いて欲しいなと、小学生があの様な落書きをしても
笑っている母親を見て痛切に思った。

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

17 : 45 : 06 | ひとりごとエッセイ | トラックバック(0) | コメント(18) | page top↑
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。