スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
YOUR ACTION TELLS YOU WHO YOU ARE!
2005 / 10 / 30 ( Sun )
今日車を飛ばしていたら、前にとても素敵なジャグアー(ジャガー)が走ってた。

本当にピカピカでよーく手入れされていて?素敵な車だった。


だけど信号待ちで止まったら?車の窓が開き
それまで吸ってたタバコをポイ捨てした。


そのアクション(行動)一つでその人がどんな人なのか
分かってしまった気がした。


自分の車はピカピカに磨いて、きっと車内も綺麗なんだろう。
でも・・・自分の物以外はどーでもいいって考えなんだろうねぇ。


以前一緒に仕事をした年配のおば様が?
休憩中に私をお茶に誘ってくれた。
コーヒーを買って彼女の車の中で休憩した。

一緒にお茶を飲みながら一服すると言ってタバコを出し
吸い始めた彼女は吸い終わったタバコをポンっと外へ捨てた。

でも車に乗る時は土足禁止だった。

 
車を綺麗に保ちたいから・・・ポイ捨て。

自分だけよければ後はどうでもいい・・・。



どんなに綺麗な車に乗って どんなに綺麗な格好を
していても?こういう所にその人の人間性が出る。

まだ若かった私がそういう事を考えるなんて思わなかったんだろうね?

でも私はそういうアクションは見逃さない。
その人を語るヒントがたくさん隠されているから。



スポンサーサイト

テーマ:たわごと - ジャンル:心と身体

19 : 51 : 09 | ひとりごとエッセイ | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑
マロンが無事であります様に・・・
2005 / 10 / 20 ( Thu )
明日はマロンの手術の日。

あまり悪い事を考えない私なのに何故か珍しく
心配でたまらない。

マロン・・無事に戻って来てくれるかなぁ・・
マロン・・痛くないかなぁ・・・
マロン・・本当にごめんね?


と思う事はたくさんあります。
私達と生活しているから人間のエゴでこの様な手術
を受ける事となったマロン。

野生の猫のまま生きる命は短くとも外を走りかけながら
野生の生活をした方が幸せなのかな?なんて考えたり。


でもマロンは我が家に来て幸せなはず!
そう信じたい・・

だからこそ戻って来てね。マロン・・・。

(と何故か永遠の別れの様に心配してます・・←親馬鹿過ぎ!笑)

40898812165_0.jpg

テーマ:不安定な心 - ジャンル:心と身体

17 : 55 : 14 | ひとりごとエッセイ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
四季の香り。
2005 / 10 / 04 ( Tue )

ハワイに住んでると季節が無い。
だから四季折々の情緒が恋しかったりする。

例えば・・
これから日本は紅葉のシーズンでしょ?
綺麗だろうなぁ。
そして秋にはたくさんの栗のお菓子や
栗のお料理がレストランに登場する。

そういったちょっとした事だけどこうして
離れてみるとそれらがとても懐かしいよ。

私は四季の中で秋って一番悲しいイメージなの。


楽しい夏が終わりこれからやって来る冬に向けて
どんどん陽は短くなるし、木枯らしが吹き始めると
あぁ・・・冬が来るんだなぁって思いながら
コートの襟を立たせたりするそんな思いはなんだか
とっても寂しいイメージとして自分の心の中に
残っているのね?

それと秋から冬にかけてって?出かけて夜暗くなる頃
お母さんが作るグツグツ言ってる鍋を楽しみに
駅から足早に帰る事はなかった?(笑)

私はねぇ~外が凄い寒い時に暖かい家の中に入った
あの瞬間が大好きかも。
なんだかほっとするよね。もちろん寒い日のお風呂も
大好きだった。

こうしてあげてくと秋から冬にかけて、寂しいイメージ
だけど結構その時期だから楽しめてる事もあったのね?

それと匂いが四季を感じるって言うのも凄い不思議。

例えば、昔は灯油のストーブがあったけど灯油の匂い
嗅げばイコール冬って思ってしまう。
懐かしいなぁ・・・。

ハワイにもそんな四季の香りが・・・ある訳ないね?(笑)
一年中、常夏だから。でもハワイにも寒いとされる時
はあって?その時期は夜結構長袖なんか着て出かける、
それでも本当の冬の温度と比べたらお子ちゃまみたいな
物だけど。。。

四季を楽しめる日本に住めてた自分って実はとても
ラッキーだったんだわ!と離れてつくづく思ったり。(笑)

テーマ:たわごと - ジャンル:心と身体

14 : 55 : 01 | ひとりごとエッセイ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
Ture meaning of your work
2005 / 10 / 01 ( Sat )
生活の為に働く世の中の男性はきっと働くという事
が自分にとって何?と考える余裕は無いでしょうね?

それは毎朝起きたら歯を磨くのと同じで?
自分の愛する家族の為に今日も職場に出かけていく。
そんな感じでしょう。

またシングルで自立している女性も全く同じですね?
仕事に行かなければ誰が家賃を払ってくれるの?
誰が食費を出してくれるの?って事になりますものね。


そう考えたら、夫が居て生活が成り立つ環境にて仕事に
出る事と言うのはとても贅沢な事なのかもしれません。


私は最近それをとても感じています。


仕事に対しての熱意も仕事に対しての情熱も、今までも
そしてこれからも私は自分の中でどんな状況におかれても
変わらないと思い込んでいました。


それは・・・


どんな仕事だろうが、どんな職場だろうが自分が仕事を
するからには一生懸命に仕事をしたい。
そして楽しんで仕事をしたい。

これが今まで私がずっと自分の中で決めたルールでした。
それは父親がいつも「こんな仕事だから!って人を馬鹿にしちゃ
いけない。どんな仕事についたってそこで一番になってる人は
それは努力した人だ。仕事が何?じゃなくってその人が何?
でその人を判断するべきだろう」と言っていた影響からかもですね。


でも・・・もしもこれが今の立場ではなく?
生活の為に仕事に出るとしたらこのルールを守れたでしょうか?

それは分かりません・・・。
多分守れたかもしれないし?生活を支える為に働くが故に
もしかしたら楽しく仕事をするなんて戯言は言ってられないわ~
とストレスだらけになっているかもしれません・・・。

でもね?どっちにしても仕事をして誰かが自分を評価してくれる
とモチベーションにつながり頑張ろうって思うじゃないですか?

その評価って言うのも上司だけの評価じゃなく仕事と関わってる
それぞれの人が自分のした仕事にすごく満足してくれたら本当に
嬉しいですよね?


だから・・
どういった状況でも私は仕事をする時にそんな喜びを
経験したいが為に頑張れそうな気がします。
たとえそれが生活の為だったとしてもきっとルールを守ろう~
と意気込む自分を想像出来ます。(笑)

手抜きをせずに自分が満足いくまで頑張った仕事は必ずどこかで
認めてもらえます。

手抜きをして完璧な出来上がりを作ろうとしても必ずどこかで
崩れます。

そして一番手抜きをしてはならないのが実は人と人との繋がり
だったりしませんか?

結局・・・物を売る仕事にしても、物を作る仕事にしても、
サービスを提供する仕事にしても、どんな仕事にしても・・・

人が居るから成り立つ、


そんな時にただ単に・・・相手を札束としてしか見えなくなる
成功者が多い様ですが・・・
私は何を提供するにしても、何を作るにしても、何を売るにしても
「人と人」だという事を忘れてはならないと思うのです。

ん・・・こんな事を言ってたらすごい金持ちにはなれないかもですね?(笑)
でも・・・そうやって働いて、そしてその仕事に満足して
喜んでくれてる姿、「良い仕事だったよ」と言われる嬉しさ?
なんだかそれだけで頑張った甲斐があった!と思えてしまいます。

GO BACK TO THE BASIC

原点に戻って考えると実は働く事ってお金を得る事の喜び
と同じ位心の余裕を生み出してくれるんではないかと思いました。

テーマ:たわごと - ジャンル:心と身体

18 : 25 : 05 | ひとりごとエッセイ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。