スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
戦いは終わった・・・。
2005 / 02 / 26 ( Sat )
私がおととし手術をしてから必ず受けなきゃならなかった腸の検査!


今回この検査をして何も異常が無かったら後3年はチェックする必要が無い!
と言われて自分の中では これが節目かな?と思った。


検査の結果無事どこも異常が無く私のこの病気との闘いは一通り
終わった様な気がする。


私のその病気は・・・大腸ガンだったんだけどね・・・。



今から1年半前にDちゃん(夫)の転勤の関係で身体検査を受けた所
ポリープが発見されて悪性かどうかその一部を取り出して検査に出したので
最初はそれが癌かどうかは分らなかったの。


で医者が私に電話で検査の報告をする日に限ってその電話をミスってしまった。

私はその時友達のすーと一緒にワイキキに居て電話が聞こえなかったので
電話はドクターのメッセージしか残ってなかった。


もちろんメッセージでは癌かポリープかって事は明さずただ一言


『結果が出ました、明日の朝お知らせします』


というメッセージだった。 私は何事にもいつも前向きだけどこの晩は
一睡も出来ずリビングルームに居たよ。。電話を目の前に置いてね?(笑)


結果を早く知りたい!って思う気持ちと 聞くのが怖い!って思う気持ちが
入り混じってた。


一晩中テレビをつけてたけどきっとそれもウワの空だったに違いないね?
だからって眠くもならずとにかく気だけ張ってたのを覚えてる。


Dちゃんは私がリビングルームで電話を前にして座ってる姿を見て


『朝まで電話かかってこないんだから寝たら?』と心配そうに言ったけど

「いやいや~心配してるとかじゃなくって早く知りたいんだよん!ほら!
こらえ性の無い私だしね?」とおちゃらけて言った。


Dちゃんに弱い姿を見せる事は出来なかったよ・・・

それじゃなくっても彼はもしかしたら癌かも。と病院で聞かされてから
毎晩の様に体を震わしてたからね・・・・きっと大声を上げて泣きたかったと思う。


そんな長い長い夜は明け知らずにソファーに横になってた私に電話の音が
鳴った。そう。。。病院から。


『検査の結果ですが 癌でした。』


と先生は非常に淡々と語った。私は「はい・・・・分りました。」と言って電話を
切ったけど気は動揺してたんだね?誰かに話さずにはいられないっ!
って思ったから。

すぐに友達に電話をして癌だった事を伝えると知らずに涙が溢れ出た。

でも・・・私が癌だと分り涙したのはその時が最初で最後だったかも・・・


私はね?癌告知をされてからなったものは仕方ない!どーして?とかなんで?
って考えてもこの病気は消えない!だからする事をしよう!って考えてた。

それに私がもしも泣いたり悲しい姿を見せたら多分Dちゃんや周りの友人が
心配して崩れるだろうと思ったから。


そして色々な検査を受け癌を取り除く手術に向けて準備を進めた。
ラッキーな事に私の癌は早期だったので今手術すればまだ助かる!との事。


そしてもっとラッキーな事は私の手術担当の医師がとても親身になって色々と
話を聞いてくれて万全な体勢で手術に挑んでくれた事。


6時間の手術は無事成功した。


私はこの時本当にたくさんの人から支えられたのを実感したよ。

自分はいつも強い人間だと思ってたし人は一人で生まれてきて一人で
死ぬんだものいつでも本当は一人なんじゃないかな?って思った事もあった。
でもそれは違ったんだ!って実感した。

人に支えられてこうして生かされるって事を術後強く感じたよ。


仕事をずっと休み病院に泊り込みで付き添ってくれたDちゃんや
入院時から退院まで毎日欠かさず見舞いに来てくれたアロハ・すー・はなっち。
たくさんのお見舞いのメッセージやメールでの励まし。
部屋の中はそれはそれはお花だらけ!こんなにも皆が応援してくれてる!
って思ったら元気にならない方がおかしい!って思えちゃったもの!(笑)


これらサポートしてくれた人達の話を事ある事にいつも私が口癖の様に
言ってるけどそれ位本当に心から感謝しているの。

私は周りのサポートがあったから気を落とす事も無く術後
早く回復する事が出来たんだと信じてる・・・。


手術の後も色々な検査が行われた。
癌は転移してないか?とかこの癌が先天性かどうかのDNAの検査。

結果癌は転移していなかったので術後のセラピーは不要。
DNAの検査の結果先天性のものでは無く若き頃の食生活の影響だと言われた。


確かに私が10代の終わりから20代は昼にフレンチ夜にイタリアンや
分厚いステーキと油っぽいモノばかり食してたからね・・・(汗)
そのつけが回ってきたのね・・・。


そんな訳でスタートしたリハビリ生活。ネットのお友達にもリハビリをしている
Aちゃんが居て彼女とお互い支えあえたというのも私にとっては大きな力だった。


そして今回の検査で異常が無ければもうだいじょうぶ!というドクターの話。


だから今回の検査にかける私の意気込みは凄かったよ?(笑)
これで終わらせたい!という願いで一杯だったんだよね?鼻息ばふばふだった!


そして結果は異常無し!残念な事に他でひっかかってしまったけど
それはこれからまた検査して対処していくつもり。


私は癌になった事をごく一部の友達にしか伝えてなかったの。

それは癌があまりにもイコール死というイメージが多いから聞かされたら
ショックに違いないだろうと思い。特に私みたいな元気なイメージしかない人が
癌なんて言ったらそれこそ「可愛そうに・・・・」って思われただろうし・・。

でもね?今回病気して思った事。それは病気になる可能性は誰にでもあるって事。
なってしまった自分を「可愛そう」と思わずにこの病気を「やっつけよう!」って
気持ちで居れた事?これは重要だったよ。。。
回りのサポートも「可愛そう」じゃなく「やっつけよう!」だったのが本当に救いだった!

実際やっつける事が出来たし!

だから、もしも皆さんの知り合いやお友達で重病の方が居たら「可愛そうに」
と思う前にまず「やっつけよう!」って思ってあげて!


絶対に強い気は通じると私は信じてますよ!!


だって見て!こんなに元気なんだから!(爆)


最後に今まで何度も繰り返し言ってるたくさんのありがとう!

何かお礼をしたいと言う気持ちで一杯だった。

だから今回の検査異常なし!という結果をお礼の代わりとさせてもらいます!!


皆さん・・・本当に本当に支えてくれてありがとね。








PS: 母の言葉・・・・


『最大の親不孝。それは親より先立つ子供。

この順番は変えてはならないよ?』




スポンサーサイト
15 : 32 : 00 | なんとなくエッセー | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
一つ駒を進めようかな・・・・・
2005 / 02 / 19 ( Sat )
私は只今仕事もせずハワイの青空の下まったりとお気楽生活を満喫中。
それはそれはゆっくりと流れる時間を楽しんできました。


手術してからリハビリ期間としてずうっとのんびりと過ごしてきました。


でも来週の検査が終わって何も異常が見つからなかったら一つ駒を進めて
社会復帰を!と考えてるの。


もともと忙しくしているのが好きな自分はこのリハビリ時期のありあまる時間
の中「自分は何してるんだろ・・・」と思った事もある・・・

でも今は動く時期じゃないから!


と自分に言い聞かせてこうして時間がなきゃ出来ない事 例えば
友達とのランチや買い物 ジム通いでの体力強化(強化しすぎとの噂も・・笑)
などを楽しんで過ごしてきました。


振り返って? このリハビリ時期 とても楽しく有意義に過ごせました。


友達に囲まれて美味しい物食べて 流れる雲の下テラスで猫と戯れて
「ただいま~!」と帰って来ると「おかえり!」と言える私がそこに居て
とても喜んでくれてた夫がいて・・・・全てが私には有意義なものでした。


そして今それらの生活から一転して社会復帰を考える私はきっとそんな
過ごし方の全てを燃焼したんだね?
もう次に進まなきゃって思える様になったのかな?


私は今まで色々な仕事をしてきたけど前にも言った様にいつも仕事が私を
見つけてくれたの。


このリハビリ時期も凄いいい仕事のオファーはありました。
でも何かが私にそれを受け入れさせなかったんだけど今回また一つ仕事の
オファーが来ています。

元々私が興味を持ち履歴書を送ったんだけど速攻連絡があり面接に
行ったら知らぬうちに色々なテストが展開されていて気づいたら・・・・
自分が考えてたポジションとは違う所が私を欲しいという話になってました。


これって・・・・また仕事が私を見つけてくれちゃったの???


と思えてなりません。



マーケティングの仕事です。私にとっては全然新しいフィールドなので
何故にマーケティングが私を欲しいのかさっぱり分りませんが・・・。


そんな訳で私を見つけてくれたこの仕事を受けるかどうかはまだ
決めてません。


正直な所夫は私がフルで仕事に戻るのをあまり賛成してないみたいだし・・。
彼はきっといつでも私が家に居る心地良さを覚えてしまったのね・・・(笑)


でも新しい事に興味を持ってしまう私にはそれをパスするのもなんだか
もったいないなぁ・・・・って気持ちになっています。


そう・・・駒を一つ進めるなら結構タイミングよく私の元に来たオファー。


とにかくあらゆる物は起こるべきして起こるのかなぁ・・・とまたゆっくりと
流れる雲の下痛感している私でありました。




06 : 44 : 00 | なんとなくエッセー | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
今日の夢!
2005 / 02 / 12 ( Sat )
昨日は久々にサウナなんて入ったから全身いい汗かいてリラックスしたからか
夜早くに眠気が襲ってきてさっさと布団に入ったの。

で朝・・・Dちゃんが起きる時間うとうとしてたけどDちゃんが
「そのまま寝てていいよ~」と言ってくれたのでまた眠りについた!


でそれからどれ位寝たのかな?猫達に起こされたんだけどその間に
なんとまた亡くなった親友が夢に出てきたよ。


めずらしい!亡くなってからこれまでも本当~~~~に夢になんて
全然出てこなかったのに今年に入って2回目。


今日の夢はこれまたリアルで彼女と私がNYに居る時の夢だった。
彼女は私がNYで生活してた時に必死でお金貯めてNYに移住してくれたのね?
その時彼女はビレッジの近くに住んでたんだけどどうやらその頃の夢だったみたい。

彼女のアパートの向いのビルに私が居て窓から彼女が私に向かって
大きく手を振ってるのが見えるの!で私は彼女に会いに行こう!と
ビルを出て道を渡って彼女のビルに入ろうとするんだけどなかなか彼女
のビルの入り口が見つからない。


これだけの夢だったんだけど不思議な夢だったなぁ~
まるで彼女のアパートで手を振ってる彼女ってのはあちらの世界って感じで
私はそっちにはなかなか行けない!って夢だった風にも思えてね?


起きてから寂しいとか悲しいとか怖いとかそんなの全然思わなかった。
むしろ彼女が笑顔で大きく手を振ってたその姿凄い懐かしかったよ。

彼女は亡くなった時の26歳のままだった!!

私は??多分現在だったかなぁ・・・(微妙)


それにしても・・・NY・・懐かしい。私にとっては彼女との思い出がぎっしり
つまってる所。彼女と二人でよ~~く5番街を歩いたなぁ~
インテリア小物が売られてるコンランズとか懐かしい~!!!!

私はその当時スタッテン島に住んでたから彼女が住んでるビレッジまでは
バスでブルックリンまで行ってそこからシティーに入ったんだけど夜遊び
に行く時もNYの地下鉄一人で結構普通に乗ってたよ・・・

ただ・・・・宝石類は一切つけてなかったしいつもジャージの上下とかで
出かけてたけどね?(笑)夜の地下鉄はその頃まだまだ危険だったのよ~


こんな風に思い出すとNYにもう一度戻りたいな!って思う反面行くのは
怖いなぁ・・・って思う自分も居る。

行ったらきっと全ての思い出がフラッシュバックしそうでね?
思い出のある場所だからこそ絶対そうなりそうよ。。。



07 : 48 : 00 | なんとなくエッセー | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
幸せの法則
2005 / 02 / 07 ( Mon )
私が良く遊びに行くブログニューヨークでのヨガ生活の記事「幸せ」
から本当に幸せというのが伝わってる様子を見て嬉しくなりました。


自然と自分がポジティブだとポジティブ思考の人が多く集まってくるし
幸せと感じたら素直に幸せ!と言えるパワーが人に通じきっと他の人
まで幸せな気分にしてその幸せパワーがまた自分に倍になって戻ってくる。

とても不思議な法則(笑)だけど私はコレをずっと信じてます。


私も人間関係はオン・オフライン共々とても恵まれてます。
特にそれを感じたのは自分が病気になって手術した時


仕事をずっと休み泊りがけで付き添ってくれた主人。
入院中毎日一日も欠かさずお見舞いに来て励ましてくれた友達。
退職したのにも関わらず励ましてくれた元職場の友達。
遠い日本からとても心配しメールでずっと励ましてくれた友達。
ネットで知り合いまだ顔も見る事もない私の為に手術の無事を
祈り続けてくれた友達。
いつもと様子が違うと思ったのか?私の側をずっと離れず一緒に
居てくれた愛猫。

そして・・・
いつもいつも遠くに住んでしまって心配ばかりかけるけどそれでも暖かく
見守ってくれる私の両親


これだけの素敵な人達に囲まれ私は病気を克服する事が出来ました。
だからポジティブな愛が絶対に人を救うと言うのもこれまた事実です。


じゃあ?逆にネガティブなパワーってどんなでしょう??

ネガティブな言葉というのに私は次の様な言葉を連想します。


どうせ私なんて・・・

私には出来ない・・・


私なんて・・って・・・折角自分として生まれたのに何でそう思ってしまうだろ?
私だから!じゃないのかな?って思ってしまうの。


私には出来ない。
これもね?出来ないんじゃなくってやらないって事なんでは?って思うのね?
can't と won't の違いなんです。。
本当にしたいと思ったら結果はどうあれしていると思うから。

私達には生まれ持ったそれぞれの才能があり自分が上手く出来る
フィールドというのが必ずあると思います。
それをフルに活用するかしないかそしてそれを活用する時私達には唯一
与えられた公平な一日24時間という時間。

これをどう管理するかでも自分の生活は変わってくると思うのです。


人生生きてく上で色々な障害物が出てきます。
私にも障害物はありました。それを一つ一つ処理していくのに上で述べた
様なネガティブ姿勢だったらきっとクリア出来なかったのでは?って思うのです。

最後いつも自分に言い聞かせてるのは高い山程登るのは苦しいし大変
だけど頑張って登った先には絶景がある!という事です。

何か乗り越えたい時ポジティブに物事を考え乗り切ればかならずそこには
リワード(ご褒美)がある!と信じ前進するのみでした。


そう・・・・全ては気の持ちようでどうにでも物事進展していき幸せな気分になれる
んではないでしょうか?それともそんな私は単純でしょうか?(笑)
でも・・・大変な山道から逃れようとせずにてっぺん目指して登っていく!
という姿勢が実は好きなだけかもしれません・・・

そうしてチャレンジしてる自分もまた幸せだと思えるのです。







07 : 33 : 00 | なんとなくエッセー | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。