スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
オウム裁判
2004 / 02 / 28 ( Sat )
昨日のニュースを賑わせた


ニュース

松本被告の死刑判決。

私がこのオウム事件にすごい興味を持っていたのは
坂本弁護士の行方を追ううちにオウム真理教と何らか
の関係があるのでは?と騒がれてた頃。もう今から
10年位前の話だけど・・・

それから地下鉄サリン事件でこのオウム真理教の
全貌が明らかになって松本逮捕となった。

ただ単なる新興宗教家がまるで国際テロリストの様な
事件を巻き起こしたって事にすっごい衝撃を覚えた。

それと同時に次々と起こったおかしな事件。

オウム真理教の幹部村井がカメラの前で刺殺され
たり。明らかに口封じだな・・ってテレビの前で
戦慄が走った・・・

実際に起こってる事なんだけどまるで映画でも見てる
様な流れ・・・

怖いなって思った。

この宗教団体はまさしくテロリスト集団のごとく色々
な活動を他の国でもしていると言う報道を見た時に
『陰謀』めいた物を感じてテレビのニュースにかぶり
ついた・・

その国とはロシアだったのだが・・

そして週間現代のこの記事

週間現代

麻原の側近は北朝鮮の工作員だったという記事。

ロシアと北朝鮮・・・・

これら一連の報道で一宗教団体が実は国がらみ
の陰謀をたくらんでいたという図式も見えなくはない
だろうか・・・?

そうなると心の道しるべであるはずの宗教が実は
とんでもない所で利用されてるわけだ。

心のよりどころが最終的にそのオウム真理教しかないと判断して
ワラをもつかむ思いで入会した信者達の
そんな心の弱みに付け込み洗脳しこうした悪事を
重ねた麻原に弁明の余地もない!

死刑と言う判決を聞いて そう思った。


スポンサーサイト
22 : 22 : 00 | なんとなくエッセー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
外見と内面のギャップ
2004 / 02 / 28 ( Sat )
物心ついた時から海外に興味を持ちそのまま
若い時から日本を飛びだし色々なものにチャレンジし
色々な事を体験した私・・・

服装も日本で言う
『年相応な格好しなさい!』ってガンガン言われそう
な服着てるだろうし だからってそれを変えなきゃ
とも思わないこのマインド。。。

よく言えば個性なのか・・?ん?微妙。。笑

でもね・・・

そんなぶっ飛んだイメージとは裏腹に割りとコンサバ
な考えだったりするから自分でもおかしい・・・

何だか自分で『このライン!』ってのがあってそれ以上
超える事はしないってのかな・・・?

例えば今の時代若いコ達にとってTATTOOなんて
普通に化粧する感覚で入れちゃうって感じみたいだけ
どね? 男のタトゥーもどーかと思うけどもっとどーかと
思うのは女のコのタトゥー。。。

いや見て可愛いし人がしてる分にはおっしゃれ~~
って思えるの!でも自分となるとその例のラインが
出てきちゃって(笑)超えられません・・・

女の人がドレスアップした時に見えるタトゥーをどう
してもエレガントに見えなかったりする・・

そうね?着るものにもよるんだろうけど・・・

『えぇ~そんな事先頭きってやってそう~』と言われる
けど・・・いえいえ・・・一番後ろで順番来ない事
祈ってるタイプよ・・・・爆

あとここ何年かで仕事上テレビ見る機会が多かった
からやっと分かる様になった『最近の言葉』?笑

NY時代 マンハッタンのグランドセントラル駅を日本人
駐在員の友達が『グラセンでさぁ~』って話して
るのにすっごい疑問に思った事があった・・・

何で日本人って何でもかんでも言葉短縮形に
しちゃうの?って・・・

その考え自体かなり古いか?爆

最近ではそれを知ってると会話がスムーズになるって
よーく分かり自分も駆使してるけど・・・笑

進化してもOKな物は自分の中で進化させなきゃいけ
ないかな?とオープンマインドで居ます。。

それでもやっぱり『この一線』っての今だに消えず
あるみたい。。。

激動の時代こんなアップアップしながらついてける
のだろうか?とふと不安にもなる時がある私・・笑


22 : 20 : 00 | なんとなくエッセー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ザ・ラストサムライ (ネタばれあり!笑)
2004 / 02 / 26 ( Thu )
昨日メールでこの映画に関しての質問を頂き
ました。

以下メールより抜粋。

質問があります。

日本では「ラスト サムライ」が、アカデミー賞助演男優賞で、
渡辺兼がノミネートされて、スゴイ話題になったのだが、
果たして、現地のアメリカでは、ラストサムライ、どの程度受け入れられてたの?
本当のところ・・・?ホラ、日本っで、アメリカでは、こぉ~~~んなに騒がれます、
って報道するけど、実際アメリカ現地では、全然、って事、多々あるじゃない?
なので、本当は、どーだったのかな?って思いました。

ええっと・・・

アメリカでの評価もとっても良かったですよ。

映画観た人達の感想を読んでも素晴らしい!とか日本とアメリカの文化
の違いや人種を問わずに欲や憎しみと言った物がよく表現されていたなど
という意見が多かったし 全体的に高く評価されてる映画です。

ちなみに5つ★全部ついてました。

ただ最後がUNREALISTIC(非現実的)だと言う人も居ました。
何故ならあれだけの戦いで何故トムクルーズは生き延びれる?という事なの
ですがね?そこにリアリズムを求めても何も生まれないと私は思うのです。 

あの戦いの後一人のサムライの姿をトムクルーズが後々語り告げる為に彼は生き
延びたと私は思いました。

って・・・・映画観てない人にはネタばれになっちゃいますね?汗 
タイトルにネタばれあり!って付けときましょう。笑

私はこうした映画を観る度に古き時代に日本人が持ってた心や文化を
すごく誇りに思えたりします。

自分の旦那の命を奪った相手の傷の手当てをするなんて・・・
アメリカだったらNOーWAY!で終わりではないでしょうか?

敵を倒すのには敵を知る。これもとってもうなずけました。

そしてやっぱり最後桜のシーン・・・

あれは日本人であれば誰でも桜=旅立ちの時と連想しませんか・・?
鳥肌が立ちました。

ただの背景描写だけで深い意味あいを理解出来てしまうのはやっぱり
日本で生まれ育ったから分かる事かな~と思います。

夫はアメリカ人でありながらこう言った映画を観て日本人の心に
ふれる事が出来た気がすると必ず言います。

「昔からあった日本人の気質や日本の文化は高く評価出来るね。 
それが今どんどんなくなってしまってるのは本当に残念だ・・・」と。



桜を見ても何も感じない世代にこれからなってしまうのでしょうか・・・


22 : 17 : 00 | なんとなくエッセー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
それぞれの赤い糸
2004 / 02 / 15 ( Sun )
妹夫妻が日本から遊びに来てあっという間
の一週間を過ごした。

久々に会う妹はとっても幸せそうでそんな
彼女を見た私までとってもハッピーな気分に・・・

私と妹は二人姉妹でとにかく性格が昼と夜 
天と地 月とすっぽん(?)という位に違くって
子供の頃から親やその他親戚のおばちゃんによーく

『二人で足して2で割ったら良かったのにね~』

といわれ続けてきた。良い意味でも悪い意味でも
私のする事なす事が目立ち過ぎてマイペースで事を
進める妹はそんな私と比較されてかなり嫌だった様で子供
の頃から私達はあまり仲良い姉妹ではなかった。

それでも妹の事は心配・・年頃にもなれば彼氏
はいるんだろうか?とか結婚するのだろうか?
など余計な心配と言われてもかなり心配だった。

何せ妹の生活パターンは家と仕事場の往復。それだけ!

人ごみなど大嫌いだし人とあまり上手に接する事も
出来ない彼女なので私が出かける時一緒に遊びに
行きたがったりもした・・・

でもやっぱり彼女は家に居てゆっくりするのが大好き
らしくそんな生活をしたまま30代を過ごしていた・・・がっ!

去年 彼女が仕事を変えてそこで出会ってしまった人が居る!
彼女が後に結婚する事になる彼だ・・・

妹はとにかく箱入り娘だったからこうして彼氏が出来た!
って事で親がすっごい神経質になりいきなり彼氏を家に
呼びかなりの質問攻めをしたらしい。

それでも彼はお父さん達が心配しない様にとどんな
質問にも答えたらしくそうしてるうちに二人が結婚
する予定でつきあってる~という報告が入り私はもう万々歳!

妹ももちろん30歳の半ば過ぎれば恋もしたと思う。
でも私はいつも海外に居たので全貌は把握してないけど
その恋が実らずに辛い結末を迎えてたと言うのはなとなく分った。

一緒にカラオケに行って歌った曲とか・・
家に居ても家族誰とも話したくなくって部屋にこもったりとか・・・

そんな彼女の様子を里帰りの時に見かけた事があり
言葉は何もかけなかったけど 心の中では

『がんばれ!』

って思ってた。

だからそんな彼女が縁あってよい人と出会い結婚
したというのはとっても嬉しい事。

しかもその旦那さんは彼女のありのままを受け入れて
くれてるってまさしく二人は『ソウルメイト』
だったんでは?と思う位。

やっぱりこの世界のどこかに自分が結ばれるべくして
結ばれる人っていうのが必ず居るんではないかな?

そのソウルメイト=赤い糸で結ばれた人

探してもやってこない。ふとした出会いで 
もしかして!って思ったその人が案外そうだったりする。

そう・・探さなくても自分のソウルメイト
なら必ず自分の所にやってくるはず。。。。

それぞれの人がそれぞれのそんな赤い糸を持ってる。


22 : 15 : 00 | なんとなくエッセー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
釣った魚に餌あげっぱなし!笑
2004 / 02 / 14 ( Sat )
今日日本ではバレンタインですね?

こっちは一日ずれるので明日ですが・・・

アメリカではバレンタインの日は男女問わずに
愛の告白と言うか『愛の日!』みたいな感じで
だいたい男性が女性にキャンディー
(こちらではチョコレートもキャンディーと呼んだり
します)や花・プレゼントを贈ります。

我が家でも毎年この日は主人が張り切りまして
チョコレートから始まり 花やバルーンは欠かした
事がありません。

仕事をしている時には仕事場にお花を配達して
貰ったり 私の居ない時を見計らって家中リボンで
飾り立てた時もあります。


こんな様子 日本だと一言

『うわぁ~~ロマンチストなのね?』

って言われそうですが・・・

こちらでは結構これが普通な感じですよ。

若い人達にもこの日は一大イベントでしょうが
結婚して何年になってもこちらの人達は
こういたイベントを大切にしている様です。

私達も一緒になってもう8年目ですが 年々
彼はもっと何かしたい~と思うようです。

日本でよく言う

『釣った魚に餌はやらない』

と言うのはどーやらアメリカでは通用しないと言う
か・・・

お互い一緒に居て 普段は何げなく過ごしていても
こう言ったイベント日に普段の感謝の気持ちを
伝える事の大切さをアメリカ人は知っている様です。

そうしてもらった事であぁ~自分はただ単なる
ハウスメイドじゃないんだ!と思う奥さん達は
多いんじゃないでしょうか?

ありがたいと思ってても口に出して言わない人。
それをした時に相手が言わなくてもその気持ちを
解ってくれるパートナーだったら問題は無いでしょう
けどやっぱり誰もがたまにはそういう言葉を聞きたい
と内心思ってるんではないかなぁ・・
やっぱり言って欲しい時ってありますよ。
そして言わなきゃ分からない時だってあります。

結局ちょっとした愛情表現こそが夫婦円満の為には
マストアイテムだと私は思うのですが。。。


22 : 15 : 00 | なんとなくエッセー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
セピア色だった時代
2004 / 02 / 07 ( Sat )
自分が子供の頃の思い出には色があまりついて
ない。。それは多分自分でそう覚えていたいってのも
あるんだろうけど。。。


全てがセピア色だったりモノクロだったりってなんだか
全体像がすごいシンプルだったかな。


今の子たちは逆に全てカラフルだよね?


物がなんでもあるし 全てがデジタル化してるし・・・・


どっちが良くてどっちが悪いなんて言えないけど
私が小さい頃にはまだまだ人と人とのつながりが
いっぱいあった様な気がする。


今の時代学校でも仕事場でも毎日顔あわせる人達
と皆どの位人としてのつながりがあるんだろ。


もしかしてそんな集合体に居て孤独を感じる人が多い
世の中なのかもしれない。。。

だからどこかで自分に気づいて欲しくて何か叫んで
みたり・・・何か主張したり・・・何か問題起こしたりして
息してるんだね。。。


その昔セピア色だった頃はね?そんなに叫ばなくても
そんなに主張しなくても周りが気づいてくれたりした。

無関心ほど罪深いなと最近思う。


22 : 14 : 00 | なんとなくエッセー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
セピア色だった時代
2004 / 02 / 07 ( Sat )
自分が子供の頃の思い出には色があまりついて
ない。。それは多分自分でそう覚えていたいってのも
あるんだろうけど。。。


全てがセピア色だったりモノクロだったりってなんだか
全体像がすごいシンプルだったかな。


今の子たちは逆に全てカラフルだよね?


物がなんでもあるし 全てがデジタル化してるし・・・・


どっちが良くてどっちが悪いなんて言えないけど
私が小さい頃にはまだまだ人と人とのつながりが
いっぱいあった様な気がする。


今の時代学校でも仕事場でも毎日顔あわせる人達
と皆どの位人としてのつながりがあるんだろ。


もしかしてそんな集合体に居て孤独を感じる人が多い
世の中なのかもしれない。。。

だからどこかで自分に気づいて欲しくて何か叫んで
みたり・・・何か主張したり・・・何か問題起こしたりして
息してるんだね。。。


その昔セピア色だった頃はね?そんなに叫ばなくても
そんなに主張しなくても周りが気づいてくれたりした。

無関心ほど罪深いなと最近思う。


22 : 14 : 00 | なんとなくエッセー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
タイムスリップ
2004 / 02 / 06 ( Fri )
先日カラオケ屋のトイレで15~6歳の女の子達
が入って来て 私は化粧直しをしていたんだけどね?
私の隣に並んで色々な話をし始めたのですよ。

「えぇぇ~~まじ~今週なの?そのパーティ~
行く行く~超楽しそうじゃない?」


「だよね~絶対盛り上がるよ~まじ何着てこうかな~?」

なんて会話をしていました。

いえいえ・・・別に耳をダンボにしてません
でしたが聞こえるでしょ?隣で大きい声で
そうやってテンション高く話してれば。。。

で?私はついタイムスリップしてしまいました。


私が16歳の頃に・・・・(遠い目)爆


とっても楽しくって毎日が本当に忙しくって
充実していたあの日々です。。。


怖い物なんて一つもなくってそれこそ良く言う
「箸を転がしても面白い」位何もかもが爆笑だった日々。


私は高校受験で結構猛勉強させられ行きたくも
ない高校に通いましたがね?
いざ入ってみると学生のほとんどは授業に対して
何の情熱もなかった。

こんなモノなんだ?と割と学校に対して冷めて
しまいそれから勉強以外にも色々と興味を持ち
始めてしまったのです。

もともとマスコミ系に進みたいという希望もあり
中学校の頃から友達のお母さんが編集長をしてた
某有名出版社の編集のほーーーんと簡単なお手伝い
をさせてもらったりして自分でもちょっとした真似事
で音楽雑誌のミニコミ誌などを作り始めました。


この頃から学校と雑誌作りに追われる毎日。
家に帰るのも11時過ぎとかまるで社会人より
も忙しい学生でした。笑

ある時などは時間なくってタクシーの中で
制服から私服に着替えたりなんて事もしましたよ・・

ね?16歳ってそーいう年頃なんです。
何も怖いものがないっていう・・・・笑


でも・・・そんな忙しい日々がもしかして
自分が一番希望に満ち溢れた頃かな?って思う。


音楽雑誌とは外国ミュージシャンのミニコミ誌
だったのですがコンサートに行ってレビューを
書いたりミュージシャンとホテルで会って
インタビューしたりと高校生の私にはなかなか
充実した内容でした。


もちろんたかが高校生の私には何のコネもなく
全部自分で交渉してそう言ったミュージシャンの
インタビューや当時人気だった音楽雑誌の編集長
とのアポ取り成功させたのです。

今でも写真とか出てくるとなんだか笑っちゃう。

一生懸命 英語でしゃべる事に集中した日々。

学校を終えて品川の駅のトイレで私服に着替えて
都内のホテルを駆け巡りインタビューの後には六本木
でやってる打ち上げパーティなどにも潜入した日々。

そんな毎日 送りながら学校の勉強・・・

(だんだんやばくなりましたけど。。。爆)

でも その時でしか出来ない事!ってあるでしょ?
私は自分の好きな事を存分にした気がします。


そして 私の横にはいつも私の親友が居ました。


そのカラオケ屋のトイレで楽しそうに話す二人を
見て16歳の頃の私達とだぶりました。


思い出ってすごいなぁってつくづく思うなぁ。

何年たってもそういった思い出は消えずにこうして
私がタイムスリップした時必ずそこに戻れるのですから。


でも ふと現実を知ったのは・・・・・


鏡の前に映った自分の姿を見た時です。


ピチピチしたお肌はそこには無く
16歳じゃないよなぁ~?って・・・・笑



22 : 13 : 00 | なんとなくエッセー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
信じられないニュース
2004 / 02 / 04 ( Wed )
今朝のニュースで

『36歳の女性が人を殺したくなったから
と殺人を犯した』っていうこの事件。


その彼女について詳しくは載ってないから分からない
けどどんな状況におかれたら

『人を殺したい』

って思うだろ?

しかもそれが自分に利害関係も全くない
赤の他人だったらしい。


狂ってる・・としか思えない。


人を殺していい理由なんて一つもない。


命ってそんな軽い物?


生きたくたって生きられずにこの世を去っていく
人がたくさん居るのにこんな風に物を捨てる感覚で
『人の命』というものを断ち切られるなんて弁明の余地もない!


こんなニュースを聞く度にこれから私達は
どんな時代に向かって生きてるんだろ?って不安に思う。。


22 : 12 : 00 | なんとなくエッセー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
マスコミのあるべき姿!
2004 / 02 / 04 ( Wed )
今日の芸能ニュースでびっくりしたのが

木村拓哉がドラマの収録中にファンに大けがを
させたというニュース!

その事故そのものよりも天下のジャニーズ 
しかもスマップの「キムタク」をマスコミが
堂々と批判しているという事にびっくりしている!

ニュース記事には怪我をさせてしまったキムタク本人
ではなくスタッフが後に謝罪しに行ったと言う。

普通人様に怪我をさせてしまったらそれは誰であろうが
謝罪するのは当事者のはずなのに何故か
彼ではなくスタッフが謝罪してるという不思議。

スマップの木村拓哉と言う事でかなり周りは
デリケートな問題として扱ってる事だろう。

それにしてもアンタッチャブルなスマップのメンバー
を斬ってるこの記事に久々マスコミの原点を見た気がした。



22 : 09 : 00 | なんとなくエッセー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。