スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
Bad feelings
2005 / 12 / 29 ( Thu )
この一週間、Dちゃん@夫の職場の人が旅行に行くから、
と犬2匹を預かっていた。

私ね?このシーズンに彼女達2匹が家に来てくれたから
素敵なクリスマスプレゼントだなぁ・・なんて思ってた(笑)

dog1.jpg

dog2.jpg



彼女達が来てから毎朝、毎晩 時間があれば一緒に遊んで
散歩に連れてって今じゃ散歩ルートはちゃんと分かってるみたいだし、
最初に来た時のおどおどした態度など何処へやら?って感じで
私やDちゃんの姿を見るたび大きく尻尾を振ってきゅーんきゅーん
って求愛してくる!(笑)


本当に可愛い2匹のワンちゃん。
一週間だけ我が家の子だった。

私は買い物や仕事に出ても彼女達の散歩ルートを見る度に
早く家に帰って散歩に出たい!なんて思っちゃったりね?(笑


その子達の飼い主さんが今日ハワイに戻った。
だから今日でお別れ・・・


のはずだったから、私は仕事から戻ってきてすぐに散歩の準備
をしていたらタイムリーに飼い主さんから電話がかかってきた。

Dちゃんが「今ワイフが散歩に連れて行く所だったよ~
2匹共彼女と恋に落ちたかの様に大好きみたいで良くなついたよ~」
って言っているのを耳にしながら私は「これが最後の散歩だねぇ・・」
と2匹に語りながら靴を履こうとしていたら・・


「え?そう?こっちは別にいいけど・・ちょっと待ってて?」

とDちゃんは飼い主さんに何か言われた様子。

「これから迎えに行けるけど?そんなになついてるなら
今夜ここに置いて明日迎えに来るって、言ってるけどそれでいい?」

もちろん、私は即

「明日??じゃあ今晩はここに居てもいいんだね?
私はもちろんそれでOKだよ!」

とワンちゃん達が今晩も我が家に居る!と言う嬉しさから
速攻そう答えていた、だから今まだ2匹は我が家に居るの。

でもね・・・・
この後私の中にこの飼い主さんに対して疑問が生じた。

これは本当、私がただ感じた事なんだけど

私も旅行に出る、その度2匹の猫を友達が見てくれていた。
友達の家に預けた事もある。その時はどんなに遅いフライトで
帰ってきても速攻迎えに行ったものだった。
何日か離れてるだけで自分の家の子(ペット)なら会いたくなる
のが普通では?なんて思ってた。

そう考えたらね・・・なんだろ?
このワンちゃん達の飼い主さんちゃんと愛情注いでるのかな?
ってBAD FEELING(悪い予感)が芽生えた。

分かってる。これはあくまでも私がそうだから、そうしなかった
彼に疑問を抱いただけで、人それぞれ動物の愛し方や接し方も
それぞれだって事。

でもDちゃんにこの事に関してどう思うか聞いてみた。
すると彼は

「う~ん、君が喜ぶと思ったから後一晩置いたんじゃないの?」

と頭をかしげながら答えた。

私はただただ何かが胸にひっかかった気分。
それに犬を置いていった日飼い主さんが

「この子達は散歩の時オーナーと一緒に歩く事しないから散歩中、
言う事聞かなくなったらこのカラー(首輪)つけて!大人しくなるから」

と、こんなカラーを置いていった。

102382045957_290.jpg


この首輪は犬が自分の思う方向に進まなければ引っ張って
首に違和感をあたえその動きを阻止するといった目的の首輪よね?

Dちゃんも私もコレ受け取った時は目を真ん丸くしたよ。

こんな物を犬につけれる訳が無い。
もしも犬がそこまで言う事聞かないなら?何故に言う事を聞く様に
しつけないんだろうって・・

犬を飼ってない私達、言うのは簡単。と言われそう。
でもこの1週間で2匹共ちゃんと「STOP」も「GO」も覚えた。
全然悪い犬じゃない。

だから私の中でやっぱりBAD FEELINGSが芽生えてる。

犬を飼ってる方でこの首輪について何かもっと詳しく知ってる
方が居たら教えて欲しい・・・・。

私の考えすぎであればいいんだけど・・・
この2匹がもらえるべき愛情を飼い主さんからもらってる事を
祈るばかり・・・。

明日私が仕事の間に引取りに来るみたい。
それで良かったと思った。別れは人であれ犬であれやっぱり辛いね?
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:心と身体

17 : 39 : 27 | フォトエッセイ | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
月への想い・・・・
2005 / 12 / 16 ( Fri )
moonpoem.jpg




それは、思い出。

一緒に「綺麗だな」と言って見たあの月を思い出し、
想うのは月を見ていた貴方の横顔。


それは、願い。

こうして離れた場所に居ながらも貴方の魂は私の
隣に居るであろうという願い。


それは、寂しさ。

一緒に見れぬ、この月は貴方と私のその距離そのもの。
綺麗なその月灯りに寂しさが溢れ出る。


それは 愛。

満月の下、離れた誰かを想うその気持ち。
満月の下、近くに居てくれるその人への感謝の気持ち。
満月の下、綺麗なその姿を綺麗だと思える気持ち。



そして、見上げれば今夜もその月灯りは
綺麗に儚げにその姿を見せる・・・・。


テーマ:たわごと - ジャンル:心と身体

05 : 48 : 18 | フォトエッセイ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
what goes around comes around.
2005 / 12 / 13 ( Tue )
自分が人にした事は必ずどこかで戻ってくる。
だから誰にでも最善を尽くしなさい。

コレは子供の頃から母に嫌と言うほど言われてきた言葉。
子供のマインドって結構白紙状態じゃない?
親が伝える事を本当にスポンジの様に吸ってしまうよね?

だから私もこうして聞かされた事は忘れないで居るのね。

我が家には猫2匹が同居していて、旅行に行く度その子達の面倒
を見てくれる世話係のお姉さん@アロハが居る。

そんな彼女の存在があるから私達は旅行に出れる訳で、本当に感謝してる。
その彼女も犬が居るんで、もしどこか行くならドッグシッターしたい
なぁ~って思ってるけど旅行には出ない人なのでそんな機会も無い。

するとね?この間Dちゃん@夫が仕事から帰ってきてこんな話をした。

「一緒に働いてる人、犬2匹居るんだけど?どうしても急用で2週間
メインランドに戻るみたいで今ドッグシッター探してるみたいだよ?
僕たちいつもアロハに猫の世話してもらってるのにそのお返しできて
ないよね?これってその相手は違うけどどこかで返せるって言う機会じゃない?」

自分達がお世話になってる事を他でお返ししようと言う考え。

Dちゃんのその考えは私が子供の頃から言われてきた事を通じるものが
あって凄く嬉しくなった。

もちろん即OK!と返事して、来週から我が家には2匹のワンちゃんが
家族の一員@短期間となる予定。

よく・・実家に戻ると見た事の無い、絵とか版画があって?
母にどうしたの?と聞くと彼女はこう答えた。

「あぁ~お母さん、ついね?道ばたとかでこういうの売ってる外人さん
見ると?買ってあげなきゃ!って思ってしまうんだよ。

異国の地で頑張ってる人見ると応援したい気持ちになるんだよ。
異国に居るお前もこうして誰かによくしてもらえるかな~て思ってね?つい買っちゃうの」

とさばさば言ったお母さんのその言葉から凄い愛情を感じた。
母親はいつどこに居てもこうして我が子の事を考えながら、
人にもやさしくなれるんだなって・・。


自分が人を傷つける様な事をしたらそれは最後必ず自分に戻ってくる。
そして自分が人に良い事をしたらどこかで必ず良い事として戻ってくる。

お母さんはずっとそれを信じて生きてる。

いつも見返りを求めず人に最善を尽くす彼女の姿がそれを語ってる。
とても説得力あるその姿。だから私にもその考えがちゃんと伝授されてる。

私はこんな風にも解釈した。

人に良くするのに理由は要らない。
ただ良く出来る自分を嬉しく思えばいいと思う。
人に良く出来るのは自分が安定しているから・・・
その自分の環境に感謝しなきゃね?

人を傷つけるのにはありとあらゆる理由が要る。
ただ最後に最も傷つけるのは自分自身だという事。
人を不幸にして幸せは立たないと思うから。

お母さんの教え、こうして私の中で進化している・・・。








essay.jpg




テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

19 : 15 : 44 | フォトエッセイ | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
found a little autumn in YOU
2005 / 11 / 27 ( Sun )
20051127062231.jpg


何年ぶりに見る貴方のその姿。


びっくりしたよ。


秋なんだなぁ・・・って思った。


何年ぶりに見る貴方の色が変わるその姿。


感動したよ。


シーズンは動いてるんだね。


何年ぶりで見た小さい秋。


寒くってグレーなイメージなのに心躍ったよ。


テーマ:アタシの心 - ジャンル:心と身体

06 : 25 : 23 | フォトエッセイ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
光と影
2005 / 07 / 17 ( Sun )
hikari.jpg




昼見たその雑草は・・・


kage.jpg





夜ライトと言う助けの元でその姿を変えていた。
その姿が美しくもあり悲しくもある・・・

ライトアップされた時だけ雑草はシンデレラとなる事を知っている。

誰の心にも光と影は共存している。
光がある姿だけが輝きとは限らない。 影の姿こそ実は一番輝ける術を知っていたりする。


12 : 14 : 57 | フォトエッセイ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。