スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
10月6日
2010 / 10 / 06 ( Wed )
私の親友が亡くなった日。

20年前の今日。貴方が亡くなったと知らせを聞いて、私は悲しみの
どん底に居た。秋の少し肌寒い風、コスモス、そんな風景を見ると
今でもまだ鮮明にその日を思い出す。

貴方の姿が消えてから、もう20年。

貴方と過ごした時間よりも、離れてしまった時間の方が長い
事が信じられない、あっという間の20年。

色々な事を計画し、色々な事を楽しむはずだったし、
一緒に年を重ねようと約束しただけに、貴方の居ない年数を
貴方無しで重ねた自分が悲しいよ。


でも、悲しみしか生まれなかった訳じゃない。


貴方が居なくなった後も素敵な友達に恵まれた。

最後、貴方が1人寂しくこの世を去った時、これから自分が巡り会う
全ての友達に出来る限りの事はする!と自分にした約束も守れてる気がする。


それは全て貴方の置き土産。


だから、ありがとう。


今ある私の姿は、貴方が居なくなった事で色々な事に
気づき、少しずつ前を向いて歩いてきた結果。


貴方の死を受け入れられず長い間、泣かない日は無かった
私も今はただ、ただ貴方を懐かしむだけ。


20年という時の薬はやっと、効き始めてるかな?
でも、20年経っても変わらない事もあるよ。


貴方が亡くなった時、貴方は私の親友だった。
そして、今もなお貴方は私の親友だって事。


痛みが麻痺して、貴方が居ない風景に慣れて、日常生活
を送っても、貴方を決して忘れた日は無いって事。


そんな風に生活して、悲しみを乗り越えて、少しパワーチャージすると
次の悲しみがやって来たりするのかな?


貴方を失くし、母を失くし、最近、又友達を失くた。


失くす事が多い人生?ふと考えたけど、それは違うと思う。


得る事の多い人生だから、失くす事も多いんだよね。


そして、失くす事で又何かを得る。


そんな事に気づける私が20年後にこうして存在するよ。
それは、全て貴方が気づかせてくれた事。


だから、ありがとう。



ねぇ、20年経った今、貴方はどこに居るんだろう。
あの日最後に会ったままの姿で貴方は私に微笑んでるかな?


ありがとう。
いつまでも、忘れないよ、姿が無くても、私の親友だって事。
そして、貴方がくれた無償の愛。忘れないよ。。


2010年10月6日。

20年後の親友から、貴方へ。


スポンサーサイト
23 : 58 : 17 | ひとりごとエッセイ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
おーーーい!聞こえる?満月だよ・・・
2010 / 09 / 23 ( Thu )

先月の満月は8月25日。

その満月をを見たまま貴方は長い眠りについたね、
それからお月様は細くなって、新月を迎え又まん丸の満月になったよ。

20100923 009


周りに沢山ふわふわした雲があって、ピカっと光る星も月の真横に見えたな~
ねぇ、もしかしたら、まん丸お月様を近くで楽しんでる?


わたしは、闇夜に輝く満月が眩しいのに、何故か悲しくなっちゃった。
何故か丸いはずの満月がいびつになったしね。


今日、散歩をしながら、貴方が長い眠りについた、病院の外まで気がついたら
歩いてた。貴方を感じたかったんだろうね。


もう1ヶ月だ。


いつもは近くにいるから、いつでも会えるやって、
全然貴方を意識せずに生活してたのに。



もう更新されない日記や
貴方と一緒に出かけたカフェやレストランの前を通ると



そんな日常が当たり前に来る事は当たり前じゃなかったって事に気づいた。
遅いよね、気づくのね。



そんな事考えながら貴方の病院の前まで歩いてたよ。
病院の上から雲が沢山流れてた。



20100923 005


姿形は無くても、そこにニコニコ笑う貴方が居る気がしたな。
「もう、いいんだよ」って言ってくれた気がした。。。


うん、だから私も普段の日常に戻り、又楽しく生活するよ。
それでも、私はきっと毎月、お月様がまん丸になると貴方を思い出す。
そのまん丸なお月様がいびつにならないで丸く見えるまで時間かかりそうだけどね・・・。


おーーーーい!聞こえる?満月だよぉ!綺麗だけど悲しいよ・・・・。




21 : 57 : 09 | ひとりごとエッセイ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
何年ぶり?本当に久しぶりだね。
2010 / 03 / 10 ( Wed )

自分の記録の為に更新されていないエッセイ記事と向き合ってる。


今朝、夢を見た。


久々にその人の夢を見た。


私の夢の中の彼女は私が最後に彼女と会った年頃で、
あの頃の様に笑いながら、私と一緒に家の片付けをしていた。



あぁ、懐かしい。



起きてすぐはそう思った。



でも、夢の中で彼女にメールをしていた自分を思い出すと
急に、急に涙が溢れ出す。



彼女が、この世を去った頃には携帯電話もメールも何もない時代。
そのギャップがああ、彼女とのあの楽しい会話や時間は夢の中だったんだ
と私を現実に引き戻した。




わたしは、彼女と友達だった年数より、彼女がこの世を去ってからの
年数の方が長い事に驚いた。



もう、そんなに時間は過ぎたんだね。



でも、今でも覚えてる。どんなに楽しい時間を一緒に過ごし
どんなにたくさんの思い出を作ったか。



わたしは今もそのたくさんの思い出を過去という名の箱に入れて
しまい込む事をしない。


いつでも出し入れが簡単な棚にそっと置いてある。



そして、こうして夢を見たり、飾っている彼女の写真と目が合った時
しばし、自分の時間を止めて、過去にタイムスリップする。




夢を見た。

その人は夢の中で確かに笑ってた。

私と一緒だった日々は楽しい事だらけで幸せだったはずと信じてる。



もう・・・どうして私を残して遠くに行った?



なんて聞かない。

又いつか、必ず会える日が来るから、それまで私は残されたこの
世界で楽しくその人と過ごした様にたくさん笑いたい。



貴方は心から愛していると言える友達が居ますか?
貴方は心から愛されてると思える友達が居ますか?
貴方は心から本音で付き合える友達が居ますか?


居たら、どうかその人との時間を大切にして下さい。
今という時間は当たり前の物ではないから、

今という時間を許されない私は過去でしかその友達との
楽しい時間を見る事が出来ないから。



大変な友達がいる貴方へ。



今が、今が宝です。




23 : 13 : 54 | ひとりごとエッセイ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
『逢いたい』
2009 / 12 / 29 ( Tue )




嗚呼、果てしなく また巡り逢う命


分かっているから、寂しくないって思ってる。
必ず、又巡り逢えるって信じてるから。

けれど、それでも逢いたくなるね。

お母さんに逢いたくなるよ。
02 : 51 : 25 | ひとりごとエッセイ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
小さな手。
2009 / 12 / 29 ( Tue )

自分が今置かれてる環境を凄くラッキーって
思う人は何人居るんだろう。

わたしは・・・ラッキーって思う。
わたしは・・・幸せだって思う。
わたしは・・・愛に溢れてるって思う。


だって、食べる物があり、気にかけてくれる家族・友達がいて
安心して眠れる布団があるから。


でも、それを当然の事って思ってませんか?



小さな手の人は普通の人が当然って思う事を全て
持っていません。



食べれる物は美味しい、美味しく無いは別として
お腹を満たすだけの物。


寝る布団はあっても、安心して寝れたのはいつだったろう?


愛に満ち溢れていたら、そんな状況には居ないでしょう。



そんな子供たちがたくさん、たくさん居るんです。


もう使わなくなって物置で眠ってたぬいぐるみ。
嬉しそうに、抱きしめたその小さな手。



わたしは、自分がどんなに自分の環境に感謝していないか
その小さな手を見て痛感した。



ちょっとの事で不平不満を言うのは贅沢病。
不平不満言える余裕があるのだから。。。。



感謝しましょう。
今自分が安心して寝る場所があり、美味しい物を食べれる事を。
そして、誰かに気にかけてもらえてる事を。。。




02 : 43 : 24 | ひとりごとエッセイ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| BLOG TOP | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。